松戸混声合唱団 Matsudo Mixed Chorus

指導者紹介

トップページへ

常任指揮者: 横山 和彦 先生

東京芸術大学音楽学部声楽科卒、同大学院独唱科終了。渡辺高之助、高橋修一両氏に師事。在学中、「芸大メサイヤ」、芸大定期ヴェルディ「レクイエム」にソリストとして出演。卒業後、宗教曲のソリストとして多数の作品に出演。NHK.FM新人演奏会出演。主な作品として、バッハ「マタイ受難曲」、「ヨハネ受難曲」、多数のカンタータ、モーツァルト「レクイエム」「ハ短調ミサ」、メンデルスゾーン「聖パウロ」「エリア」など。また、ヘンデルの「メサイヤ」、ベートーヴェンの第九のソリストとして多数出演している。

オペラでは、モーツァルト「魔笛」のタミーノ、ドニゼッティ「愛の妙薬」のネモリーノなど、主役で出演した作品をはじめとし、貴重なバイプレーヤーとして、多数の作品に出演。

1992年文部省の在外研修員として、ウィーンに留学し、ウィーン国立音楽大学オラトリオ、リート科教授のW.モーア氏の下で研鑽を積む。留学中、ウィーンにおいてリサイタルを開催し、成功を収める。帰国後に行ったリーダーアーベントは10回を数え、いずれも好評を博した。

2008年の松戸混声合唱団演奏会において松戸でのデビューを果たした。

ぐるーぷ・なーべ、オペラクリエーション・イン・青山、日本演奏連盟各会員。東京学芸大学教授。

ピアノ伴奏: 奈良 英子 先生

桐朋学園大学卒業。

安川加寿子、山岡優子、パリにてヴラドー・ペルルミュテール、マルセル・ウークラン各氏に師事。セリガニア、マリア・カナルス、リナ・サラ・ガロ等の国際ピアノコンクール入賞。リサイタル、室内楽、伴奏と幅広く活動。「ニシカワ・アンサンブル」のメンバーとして、カナダ・アメリカにて毎年、公演を続けている。2003年リリースのCD「サティ・スポーツと気晴らし」がレコード芸術誌にて特選盤に選ばれる。

このページのトップへ